彼氏彼女のカップルで同棲する場合、自分や相手の親に同棲していることを報告したり、話したりする必要性が出てきますよね。何かの拍子で知ることになってしまって、あとから「それは知らなかった」という後付けでは決して良いことではありません。

だからこそ、前もって責任と誠意をもって、自分たちから同棲のことをお互いの両親に報告するようにしましょう。

もちろん同棲する前に報告するのがベストです。ですが、仮に報告や連絡をせず同棲をスタートさせてしまった場合だったとしても、後からでも必ず親には報告した方が良いでしょう。

ではどういうタイミングや方法で報告したら良いのでしょうか。特に同棲相手のことを親がよく思っていない場合や、そもそも同棲をすることに対しても反対の意見をもっている人も多いと思います。

今回は、両親に同棲を報告するタイミングやそのやり方について述べていきたいと思います。

親に同棲を知らせるタイミングは自分で作る

同棲を両親に報告するタイミングはいつが良いのでしょうか。もちろん可能な限り早くが良いのはわかっていることでしょう。でもなかなかタイミングをつかめないですよね。

そこで大事なのはタイミングは自分で作るということです。待っていても、同棲を親に切り出すタイミングは勝手にやってきたりしません。だからこそ「少し話があるんだけど」とか「久しぶりに外食でもしたい」などでタイミングを自分で作っていくことが大事です。また。親元が遠方で離れている場合であれば、実家への帰省のタイミングなどに合わせて、自分からタイミングを作りにいくことが重要です。

「何かの流れでスムーズに言えるタイミングがないかなぁ」なんてことは、なるべく期待してはしない方が良いでしょう。もちろんそうなれば良いですが、もしタイミングが自然とやってこないとどんどん報告が遅くなってしまいます。

親に同棲を伝える時の注意点

予め情報を与えておく

親に同棲をうまく伝えるためには、予め情報を与えることが重要になります。

付き合っている相手がいること、どういう人で、どれくらい交際期間があるのか、今後どうしたいと思っているのか、相手の職業や家族はどんなものなのか、など相手の情報や自分たちの情報を、予め両親に対して話しておくことです。欲をいえば、同棲を報告する前に事前に会う機会があれば尚良いでしょう。

いずれにせよ予め自分たちの情報を伝えておくことで「同棲」自体に関しても切り出しやすくなります。親も「それなら同棲してもいいか」と認めてもらいやすくなります。

なるべく対面で

帰省などが必要でなかなか時間が取れない人も多いと思います。ですが、可能であればなるべく対面で言った方が良いかもしれません。

特に同棲相手との交際に対して、否定的な両親である場合は対面で会って話して、同意をもらう方が良いかも知れません。誠意を見せるという意味もありますし、電話やメールなどと比べてより深い話もできます。誤解や勘違いをなくすためにも会って話すこと重要です。

【参考記事】

同棲を親に反対された場合の説得方法!理由を知り説明し認めてもらおう!

いいにくいなら別の話と合わせて話してしまう

うまく切り出し方がわからない場合は、別の話と一緒に話してしまうことでしょう。

例えば実家に置きっぱなしの家具について、保険契約の相談、料理のアドバイスなど。なんでも良いですが、何か他に実家の両親と話すべき項目がありませんか?

いきなり同棲について話はじめるのは、やはり勇気がいるものです。だからこそ何か他のことや会話の中で恋人の話になった時などに切り出してもいいかもしれません。

同棲の理由を明確に

なんとなく同棲しているというだけでは両親は納得してくれないでしょう。ですので同棲をしている理由を明確に伝えることが重要です。「結婚をしたいと思っている」「将来を考えてるからこそ交通費や外食の費用を減らしてそれを貯金に回したい」など、二人で同棲をすることになった理由をきちんと明確にし、両親に伝えましょう。

両親の不安要素を少しでも少なくするために、話す前に二人の間での意見や気持ちを一致させておきましょう。

二人で一緒に両親に会って伝えるとより良い

距離や時間的なこともあるかもしれませんが、なるべく二人で一緒に両親に会いに行き、同棲を報告しましょう。何よりも両親が納得、安心できるような状況にするのがベストです。

二人で会いに行ってきちんと話をすれば、二人の誠意が一番伝わると思います。

【関連記事】

同棲したいと思ったらまずするべき4つのこと!同棲を始める手順を解説

同棲初期費用・引越し費用の平均相場。いくら用意しておくべき?

まとめ

今回は、同棲を両親に報告するタイミングややり方について述べてきました。

やはり同棲をどう両親に報告するのかについて悩んでいる人は多いようです。うまく伝えて、同棲生活に対しても応援してくれるように報告できるようにしたいですね!

【同棲手順・流れ】