貯蓄型保険のメリットデメリットとはどんなものなのでしょうか。

特に若い方が、貯蓄型保険を利用するべきなのかどうか、その点を踏まえて解説していきます。

貯蓄型保険とは

そもそも貯蓄型保険は4種類

そもそも貯蓄型保険とは、4種類あります。

終身保険

終身保険とは、亡くなるまで、保障期間が継続する保険です。支払った保険料と同程度もしくはそれ以上の死亡保険金を受け取ることができます。

養老保険

養老保険とは死亡保険と生存保険が1つになったものです。基本的には20年とか30年とか満期が設定されていて、万が一の場合には死亡保険金が支払われます。また保険期間の満了時点で生存していた場合にも生存保険金が支払われる保険です。

個人年金保険

個人年金保険は、保険期間内は支払った保険料の金額が死亡保険金として最低保障されて、保険期間の満了後は、満期金+利子を受け取ることができる保険です。

学資保険

学資保険とは、主に教育資金のために親が加入する保険です。学資保険の特徴は、支払い途中に保護者に万が一のことがあった場合に、それ以降の保険料支払いが免除となり、生きていた時に支払ったであろう金額に相当する保険金を満期に受け取れる保険です。

 

貯蓄型保険とは、上記4つのことを言います。

どの保険が良いのかは、加入者の状況やその保険商品の特徴によって変わってきます。

貯蓄型保険のメリット

強制的に貯金ができる

貯蓄型保険は、毎月一定額を貯金できますので、半強制的に貯金が貯まっていきます。貯金の習慣ができてなくても、毎月銀行からお金を下ろして貯金をする時間がなくても、自動的に口座やクレジットカードから保険料が支払われていきますので強制的にお金が貯まっていきます。

通常預金や定期預金などよりも利率が高い

金融緩和によって昨今はどんどん定期預金の金利が下がってますが、貯蓄型保険は、比較的に高い傾向にあります。しかも据え置いて長期間になるほど、利率もよくなるので、安全に貯金をしながら長期的な運用もできるという利点があります。

死亡保障がついている

銀行預金には死亡保障がついていませんが、貯蓄型保険の場合は、死亡保障がついています。貯金をしながら、万が一のことがあった場合、遺族にお金を残す手段としても機能してくれます。

貯蓄型保険のデメリット

掛け捨てに比べて保険料が高め

貯蓄機能をつけながら死亡保障をつけていくので、掛け捨て保険に比べて保険料が割高になってしまいます。若いうちは保険料に回せるお金が少ない状況で、解約をしてしまうと、元本割れをしてしまう恐れがあります。

長期間の貯蓄が必要になる

基本的に、貯蓄型保険は数年単位と言うよりは、10年、20年という超長期的なスパンで、物事を考えますので、長期的な貯蓄が必要になります。

なので、長い期間に渡って貯蓄をしていくことではじめて自分たちの

貯蓄型保険に向いている人とは

定収入が見込める人

貯蓄型保険は、長期間の貯蓄をが必要なので、保険料を払い続けることができる定収入がある人が向いています。逆に収入が不安定で、途中解約の可能性がある場合、元本割れをする可能性があるので、注意が必要です。

貯金の習慣を身につけたい人

貯蓄型保険は、口座引き落としもしくはクレジットカード支払いとして、毎月一定額を必ず積み立てます。そのため、貯金の習慣がない人でも、毎月の積み立てを強制的にはじめていきやすいという利点があります。

家族や子供がいる人、いずれ欲しい人

家族や子供がいる人は、貯蓄型保険を使えば、保障をつけながら貯蓄ができるのでオススメです。特に一家の収入の多くを担っている人ほど、貯蓄型保険に加入するメリットは大きいと言えるでしょう。また、今は家族や子供がいなくても、いずれ欲しいという人も、若い頃から積み立てることで、将来の利率をよくしていくこともできますし、何より保険料が割安で加入することができます。

自動送金サービスと貯蓄型保険の比較

自動送金サービスと、貯蓄型保険のメリットデメリットをまとめると、

銀行自動送金サービス 貯蓄型保険
メリット 毎月一定のお金の貯金ができる

途中でやめることができる

元本割れしない

毎月一定のお金を貯金できる

利子が貯まる

振込手数料が必要ない

高額な死亡保障がついている

確定申告で生命保険料控除で税金が安くなる

デメリット 割高な振込手数料がかかる

利子がほとんど貯まらない

保険料が高め

長期間の貯金が必要

 

貯蓄型保険はどこがオススメ?

では、貯蓄型保険はどこがオススメなのでしょうか?

結論から述べると、収入、貯金状況、支出、家族構成、年齢性別など人それぞれなので、オススメな保険も人それぞれになってしまいます。

なので、どこの保険が良いのかはプロの中立な立場から収入や貯蓄状況を踏まえた上で、判断してもらった方が良いでしょう。

保険会社だけでも日本には30社以上あり、様々な保険商品があります。

数万ページに及ぶそれらの膨大な資料を読み込み、その中から最適な保険を選択するのは素人には不可能です。

なので、中立な立場のプロにどんな保険が良いのかを判断してもらうのがオススメです。

保険相談なら、中立な立場の保険代理店に相談すべき

保険というと「〇〇生命」の担当さんから紹介されるイメージがあると思いますが、

最初から保険会社を限定してしまうのではなく、

複数の保険会社の保険商品を扱っている中立な代理店に、相談することをオススメします。

 

オススメは「店舗型保険代理店」と「FPの無料相談」です。それぞれ特徴を紹介します。

保険会社の担当者 店舗型保険代理店 FPの無料相談
扱っている保険会社数 1社のみ 複数 複数
相談場所 自宅 店舗 自宅・カフェ
相談料 無料 交通費は実費 無料
メリット 1社のみの保険紹介

専門的な知識あり

中立な立場

オープン感がある

担当者の当たり外れあり

中立な立場

実績のあるFPが多い

満足度が高い

 

上記のように「店舗型保険代理店」と「FPの無料相談」の場合、一つの保険会社に限定せずに、様々な保険会社の中から契約者に合った保険を中立な立場で判断し提案してもらえます。

 

では、店舗型保険代理店とFPの無料相談のどちらが良いのか。

それぞれメリットデメリットがありますが、

若い方であれば、FPの無料相談をオススメします。

なぜなら、実績がある担当者に当たる可能性が高いからです。

 

そもそも、FPの無料相談って、どんな担当者との相談になるのかと言うと、

例えば、FPに無料相談できる「保険マンモスの無料保険相談」などでは、独立系FPを紹介してくれます。

独立系FPとはFPで起業した人です。つまり、保険のプロとしての実績を持っている人です。

 

特に保険の加入経験も少ない初心者の場合、経験が浅い担当者より、実績があって、たくさんのお客さんと接してきた経験値の高い担当者に相談した方が、より自分に合った保険を見つけられる可能性が高いです。

なぜなら、保険の加入経験が短く、保険の知識もあまり持っていない保険初心者の顧客もたくさん相手にしてきているからです。

その分、一から説明してくれたり、保険の仕組みなども丁寧に説明してくれたりなどの配慮をしてくれる可能性が高いのです。保険初心者ほど、FPの無料相談をオススメします。

FPの無料相談は10年以上の実績がある「保険のマンモス」がオススメ!

FPの無料相談なら、「保険のマンモス」さんがオススメです。

→「保険マンモスの無料保険相談

 

なぜなら、FPの紹介実績が10年以上あり、紹介してくれるFPは、ほぼ全て独立系FPという実績や経験が豊富な保険のプロの方だからです。

つまりどんな担当者と当たるのかは運要素がありますが、保険のマンモスなら、より実績があり信頼ができる担当者に当たる可能性が高いということになります。

その根拠として、保険のマンモスには、「イエローカード」制度というものがあり、

強引な押し売りをしたり、失礼な態度をする担当者を変更してもらえるイエローカード制度があるため、より質の高い担当者が「保険のマンモス」には揃うという安心できる仕組みができています。

(参考URL:http://www.hoken-mammoth.jp/consult/yellow-card.php)

 

相談料、出張料、申込代行料など、全て無料で相談できます。

【保険のマンモス公式HP】→「保険マンモスの無料保険相談

 

まとめ

 

【無料相談は詳細はこちら】

保険マンモスの無料保険相談

貯金は習慣がすべてです。

貯金をしている人は、貯金ができる習慣で生活しています。

貯金ができない人は、貯金ができない習慣で生活しています。

是非、あなたには、貯金ができる習慣を手に入れて欲しいのです。

まずは、どんな保険があるのかを学ぶことから初めてみませんか

【そもそも保険のマンモス無料相談ってどんなものなの?】

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス