駐車場代、ガソリン代、保険、税金、メンテナンス代、車検など。

車を持つとなるととにかく維持費ががかります。

なので、

「同棲してるんだし、1台にしちゃっても良いんじゃない?」

と思うのも自然な流れです。

 

「車を売ったらまとまったお金が入る!」

「車検、税金、保険なんかの維持費がなくなる!」

そう思って、誰もが一度は車売却を考えたことがあるでしょう。

もし維持費に悩んでいるなら、もしかしたら車売却のチャンスかもしれません。

一度、こちらの記事を読んで検討してみてください。

 

そもそも、車の維持費用は一体いくらなの?

そもそも、車の維持費用はいくらなのでしょうか?

普通車で年間30万〜40万、軽自動車だともう少し安いですが、それでも年間で25万円以上はかかります。

月々に換算すると、普通車だと3万前後で、軽自動車だと2万前後です。

維持費(月) 維持費(年)
普通車 3万〜4万 35万〜40万
軽自動車 2万〜3万 25万〜30万

車買取すべきかの判断ってどうやってするの?

車買取をしてもらうかどうかの判断において重要なことは、以下3つです。

  1. 車所有の必要性
  2. 維持費
  3. 買取相場

1.車所有の必要性

次に当たる人は、車は同棲生活でも、車は2台あった方がいいでしょう。

  • お互い通勤で使っている
  • すぐに別れる可能性がある
  • とにかく車が好きで自分の愛車を持ちたい

逆に、

  • 仕事では一台使わない
  • 週に数回しか使わない
  • 節約したい、貯金したい

という方は、車を2台持っている必要性は低いかもしれません

二人の生活や仕事をする上で、本当に2台必要なのか。

車を減らすと支出を減らせます。

もし節約貯金したいなら見直してみるのも良いかもしれません。

2.車の維持費の確認

車の維持にはお金がかかります。

駐車場代、ガソリン代、任意保険、自動車税、メンテナンス代、車検など。

「車所有にかかる維持費用は一体いくらなのか」を算出することで、

車売却の判断の材料にすることができます。

例えば、維持費用が年間300,000円だった場合、月25,000円です。

25,000円も払うくらいならレンタカー、タクシー、カーシェアリングの方が良い

という人もいるかもしれません。

逆に今の生活には、車が必要で、

「月25000円の価値がある」と思うなら、

車は売却はしない方が良いでしょう。

「年間の車維持費を出す」→「それに見合った価値を享受しているのか」

という順番で考えるとわかりやすくなります。

3.買取相場の確認

最後に、③買取相場の確認です。

買取金額がいくらになるのかも、車買取の判断材料になります。

高く買取ってもらえるのであれば、「買取金額+浮いた維持費」で

タクシー、カーシェアリング、レンタカーなどを組み合わせて生活する方が

今よりもずっと利便性が向上するかもしれません。

なので、自分の車が一体いくらで買取してもらえるのかを調べることで、

車買取の判断材料にすることができます。

どうやって車の買取相場を調べるの?

車の買取相場を調べる方法は、車査定をしてもらいます。

査定金額の概算を出すためには、

残念ながら、無料査定サービスを利用しなくてはいけません。

 

なぜなら、同じ車種・年式でも、

状態やカラーや走行距離などによって金額が変動があるからです。

数ヶ月前に査定に出した金額よりも

「あれ?そんな低いの?」なんてことも結構あったりするので、

まずは無料査定で正確な査定金額を出してみると良いでしょう。

車無料査定サイトなら「ユーカーパック」がオススメ!

無料愛車の相場査定サイトは、

【ユーカーパック】がオススメです。

 

その理由は、しつこい電話営業がこないからです。

ユーカーパックであれば、担当者から1度だけ電話が来るだけで、

複数の会社からのしつこい営業電話を受けなくて済みます。

【ユーカーパック】は、最短30秒で入力完了できてしまうので、

まだ自分の車の相場を知らない人は、

一度無料査定をして、相場価格を知ると良いでしょう。

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

 

【ユーカーパック】

まとめ

今回は、同棲に車は2台必要かどうかについて述べてきました。

繰り返しになりますが、車買取の判断材料は、以下の三点です。

  1. 車所有の必要性
  2. 維持費
  3. 買取相場

それぞれをきちんと認識した上で、

適切な判断をしていくと良い決断ができると思います。

是非、今後の車ライフの参考にしてください。

 

↓オススメ、車無料査定サイトです!

【ユーカーパック】