WiMAXのW05という新しい機種が、2018年1月に発売されました。

それによって、従来のWX04と、新機種のW05のどっちが良いのか、という点で悩んでいる方も多いと思います。

なので、端的に二つの違いについて述べていきたいと思います。

WiMAX WX04とW05の違い

W05 WX04
機種
 メリット 新機種であること

通信速度が早い

端末の重さが軽い

バッテリーが長い

バッテリー交換可能

 

通信速度で選ぶならW05

W05は、最大通信速度が708Mbpsとなっています。

一方、WX04に関しては、440Mbpsと、W05に比べて低い設定になっています。

ですが、WX04の440Mbps速度でも、動画やネットサーフィンは全然可能です。

 

ネット上の口コミや評判を見てみても、体感的に、W05にして、大幅に通信速度が変わったという意見は少ないようです。

なので、通信速度に強いこだわりがなければ、WX04でも十分でしょう。

WX04はバッテリー面が強い

WX04は、W05に比べて、バッテリーの持続時間が長いという特徴があります。

WX04には、比較的容量の大きな3,200mAhのバッテリーが搭載されています。一方、W05は、2,750mAhのバッテリーです。

ウェイティング状態で、W05のバッテリー持続時間が38時間であるに対して、WX04は、50時間のバッテリー持続時間があります。

WX04はバッテリー交換が可能

また、WX04は、バッテリー交換が可能という利点があります。

W05は自分でバッテリーを交換には、修理扱いとなってしまいます。一方、WX04であればバッテリーを自分自身で交換することができます。

そのため、バッテリーを交換すれば端末を長く使う事もできますし、不要になれば、フリマアプリなどにも出品可能です。バッテリーが短くなってきたら、先にバッテリーを取り寄せれば、その間もWiFi環境を維持できるのもポイントになります。

WX04は端末の重量が軽い

最後に意外と盲点なのが、端末の重量です。

WX04は、W05に比べて、端末の重量が軽いので、持ち運びに便利です。家の中で使用するのであればそこまで気になりませんが、やはり端末は軽いに越したことはありません。

その点で言っても、WX04の方が優れているかもしれませんね。

結論としてWX04は無難!

結論として、どちらにもメリットデメリットはありますが、

基本的には、WX04を選んでおけば無難でしょう。

通信速度に強いこだわりがなければ、WX04を選んでおけば、無難にWiMAXを利用していくことができます。

 

ちなみに、WX04、W05、どちらを選んでも料金面に違いはありません。

Broad WiMAXは、かなり料金も安くてオススメです。

【関連記事:Broad WiMAXの注意点。メリットデメリットと申し込み方法手順で気をつけたいこと

■Broad WiMAX 詳細確認はこちら

まとめ

今回は、WiMAX WX04とW05の違いを端的に紹介しました。

もしWiMAXを選ばれる際に、どちらにしようか迷わているようでしたら、是非参考にしてみてください。