同棲中の食事や料理

同棲を始めると悩みの中の一つが『食事』だと思います。

なるべく自炊はしたほうがいいのはわかっているけど、毎日するのは大変だし面倒!でも外食を多くすると食費が増えてしまう。こんな同棲中の食事・料理の悩みを解決するにはどうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は、同棲中の料理が大変で面倒で疲れてしまうという方に向けて、同棲中の料理のコツについて述べて行きたと思います。

同棲中の料理のコツ

自炊はできることをやれば良い

同棲中の料理はできることをやれば良いのです。同棲中の料理が慣れていない人は、自炊しなくてはいけないと分かっていても何を作ればいいのか悩んでしまいます。

実は「何を作れば良いのかわからない」というのが、料理をしようと思った時に、一番の負担で面倒だと感じてしまう理由なのです。

なので、まずは無理をしないでできる範囲で自炊をするで良いのです。

同じようなものだけでも飽きてしまいまうというのもわかりますが、だからといっていきなり凝ったものが作れるわけでもありません。

無理に自分のキャパ以上の料理をやろうとするとストレスになってしまいます。そのストレスが原因で料理自体が嫌いになってしまっては元も子もありません。できる範囲でやっていき、少しずつ自分のレパートリーを増やして行けば良いのです。

コツとしては、具材を変えてみたり、塩コショウ・カレー味・中華風というように味付けを変えてみたりするだけでも違う風味の料理になります。

色々な料理を作ってみたいけど、なるべく短時間で簡単な材料で作りたいという方は、ネットでレシピを調べてチャレンジしてみても良いでしょう。

こちらのレシピ本は、簡単に糖質オフの料理を作ることができ、とても美味しくできますので参考にしてみてください。特に豚肉と玉ねぎの甘辛炒めは、材料も少なく簡単に作れるのでオススメです。

クックパッドの糖質オフのつくりおき (扶桑社)

惣菜もうまく使う

同棲中の料理のコツは惣菜もうまく使うことです。毎日何を作るか考えたり、仕事から帰ってから作るのは大変です。そんな時には無理に「全部作ろう」と思わず、スーパーなどの「惣菜も一品」として加えましょう。

そうすることによってメニューを考えたり料理をすることに対する負担が減ります。又、揚げ物など家では作るのが難しいものなどを気軽に食べることができます。

惣菜を買うことは、決して自炊と矛盾していることではなく、自分のできる範囲で自炊を継続していくためのコツなのです。

共同で一緒に作ってみる

同棲中の料理は一緒に作るのもコツになります。同じ部屋にいるのに一人は料理、もう一人は他のことをしているという状況は、なんだかもったいないと思いませんか。せっかく好きな人と一緒にいるのですから、料理も一緒にやってみましょう。

どちらかが得意なら教えてあげながらやるのも良いでしょう。二人で協力して料理を作ることも楽しいですし、二人の関係性もいいものになるかもしれません。一緒に作れば会話をする時間も長くなり、相手の新たな一面が見られるかもしれませんよ。

たまには外食しましょう

時には外食でリフレッシュすることは同棲中の料理のコツになります。頻繁に外食をすることは抵抗があるかもしれません。ですが、自炊を継続するためにもたまには外食もしましょう。

「記念日だから」とった特別な理由は必要なく、その日の気分や作ることが疲れるというような時など、気軽な気持ちで外食をしてリフレッシュして良いのです。

結局毎日大変な思いをしているといつか限界がきてしまいます。そうならないためにもたまにはガス抜きもかねて外食をすることも悪いことではないのです。

豪華にしたりお金をかけた外食である必要はありません。普段自炊しているならちょっとした外食でも、毎日外食をしていた時には感じたことのないような喜びや嬉しさを感じるものです。

自炊が大変で面倒になってきて、同棲中の料理に疲れてしまった方は試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は同棲中の料理が大変で面倒という方に向けて、同棲中の食事のコツについて述べてきました。

とにかく同棲中の料理や食事は、彼氏や彼女のためだからといっても、なるべく自分が大変で疲れると感じないように負担を減らすことも大事です。

気持ちだけが先行しても、実際に慣れないことに対してできるキャパシティは限られています。無理のない範囲で自分のできることを少しずつ増やしていけばもっともっと料理が楽になるはずです。

【同棲中の方にあなたにはこんな記事もおすすめです】