同棲から結婚する時のきっかけってどんなものがあるでしょうか。

同棲期間が長くなってきたり、同棲生活にも落ち着きが出てくると、

同棲から結婚するきっかけがわからなくなってしまうカップルも多いようです。

 

ですが、同棲から結婚へうまく進んでいくためには、

きっかけは待つのではなく作ることが大事になります。

そこで今回は同棲から結婚へのきっかけの作り方について述べます。

同棲からの結婚へのきっかけの作り方

ライフプランを考える

同棲していると、毎日毎日の「生活自体」には慣れてきます。その点、同棲してても結婚してても、入籍したからといって私生活や習慣やリズムに変化はほとんどありません。なので、なかなか結婚へのアクションをふみにくくなってしまいます。

そこでライフプランを考えてみると良いでしょう。

結婚となると長い人生ずっと一緒にいるわけです。その場合、長期的なライフプランを考えていく必要があります。例えば、出産子育て、マイホーム購入、仕事の起業や転職など。

人生の一大事である「ライフプラン」を考える際には「結婚していることが前提」で話が進みます。逆にいえば、ライフプランを考えていくには、結婚を意識していかないといけなくなります。つまりライフプランを考えていくことは、結婚を前提に歯車を回していくことでもあるのです。

ライフプランを考えることで、自分たちの中で結婚への意識や決意を確固たるものにしていくことができます。そして、ライフプランを真剣に考えれば、自然と「いついつに結婚する」という目処がおのずと出てきます

そして良くも悪くも、どれだけ相手が結婚に対して真剣なのかを知る、良いきっかけにもなるかもしれません。

親や親族への報告する

結婚するとなると親や親族などの家族にそのことを挨拶、報告、相談するものです。お互いの親に「この人と結婚します」と伝えることは、同棲から結婚をする上で、一つのけじめにもなります。

親や親族がそれに賛同であれば、おのずとその時期の話題にもなります。結婚となると結婚式のことやそれ以外のけじめなども必要になってくるわけですからね。

なので、親や親族などの家族へ「結婚の意思」を報告をすることも同棲から結婚へのきっかけになります。

「結婚すること」自体は、婚姻届けを書いて、役所に提出するだけですが、結婚はそれ以外に結婚式、手続き、引っ越しなど、結婚に伴うそれらのことが大変なのです。

それを外側から固めていくという上でも親や親族などに報告しておき、ある種あとに引けない状態を二人で作ってしまうのです。(もちろん二人の同意の元ですけど)

それによって、「そろそろ結婚しないといけないけど、、、」という腰が重い状態を抜け出すことができるかもしれません。

何かの変化にかこつける

同棲している場合でも人生は進んでいきます。人生が進めば、生活に変化が起こるものです。

仕事でいえば転職・転勤・独立や、家族のことでいえば、介護・引越しなど。それ以外にも病気・怪我をしたりなど。今までの人生と何か違ったことが起こる場合があります。

その変化にかこつけて、一気に入籍してしまうというのも同棲から結婚するきっかけになるかもしれません。

確かに少し強引で力技のような気もします。ですが、何もきっかけを作れず、でも互いに結婚したい意識は同じという状態であれば、何かのきっかけに乗せてそのまま結婚してしまうのも一つの手段としてアリかもしれません。

実際に、転勤や独立など仕事関係の変化は、同棲から結婚して家族になるタイミングとして選ぶカップルは多いようです。

【関連記事】

最後に

最後に一つだけ注意点があります。それは互いの意識のすり合わせです。

これは結婚への温度感が同じであることです。この記事で紹介した方法は、彼女もしくは彼氏のどちらかに結婚を迷っている状態ではいけません。

必ず互いに結婚の意思があることを確認した上で、同棲からの結婚のきっかけを二人で作っていくための記事になります。逆に、相手が結婚に迷っている状態だったり、消極的な場合は下記の記事を参考にしてください。