同棲してはじめて見えてくる相手のいやな部分。

同棲すると一緒に生活を一緒にしているわけですから、

ただのカップルに比べて、相手の嫌な部分が目につきやすいものです。

 

中には、同棲前からのあまりの変貌ぶりに驚愕している人もいるのではないでしょうか。

そんな、同棲すると見えてくる相手の嫌な部分へは、どう対処していけば良いのでしょうか。

今回はそのポイントについて、述べていきたいと思います。

同棲でわかる相手の嫌なところへの対処方法

言って直してもらう

まずは最初の手段としては、嫌な部分や直して欲しい部分を素直に話すということです。あまり攻めるような物言いにならないように伝えたりする必要はありますが、ポイントは困っているということをしっかり伝えることです。相手が意識してなかったり気づいてなかったりすることや、直すことができることであれば、相手が改善してくれるかもしれません。

いっそ諦める

とはいえ、言ったり伝えることで改善されるなら苦労しませんよね。そういう場合、目をつむれる程度のものであれば、無理のない範囲で、相手の嫌な部分を諦めるということも手段の一つです。期待しても人間というのはなかなか変わりません。相手を変えようというよりは、自分の気持ちを変えるのです。

同棲を見直す

どうしても、相手の嫌な部分が、嫌で仕方なくてしんどかったり辛いのであれば同棲解消をするのも一つの方法です。人間誰しも相性があります。完璧な人間などいません。どんな人間も嫌な部分を持っているものです。その嫌な部分を「諦める」ことで受け入れることができる相手と一緒になる方が幸せです。

Aさんの嫌な部分は反吐が出るほど嫌だけど、Bさんの嫌な部分は許容できる。そんな相性が人間にはあります。どうしても相手の嫌な部分が改善されないようであれば、このまま同棲していてもその部分は変わらないでしょうし、ましてや結婚しても解消されることはないでしょう。

まとめ

今回は同棲で見えてくる相手の嫌な部分への対処方法について述べてきました。

同棲で相手の嫌な部分が見えてくるのは当然です。全く違う環境で育ち、全く違う境遇だった他人の二人が一つ屋根の下で暮らすわけですからうまくいかない部分があるのは当然なのです。

だからこそ、相手の嫌な部分が見えるのは仕方ないと割り切り、相手の嫌な部分を許容できるような相手と同棲してひいては結婚することが幸せな同棲・結婚生活には必要と言えるでしょう。

最後に、同棲解消を迷っていて「せっかく同棲したのに」という気持ちになってしまう場合は、こちらの記事も参考にしてください。

同棲中カップルがラブラブで居続ける秘訣コツ