今回は、同棲生活にオススメなインターネット回線(WiFi)を紹介します。

多分「ネット代は高い」と思っている人が、おそらく9割だと思います。

インターネットというと、プロバイダと回線の両方を契約して、月々5000円ちょっとという方がほとんどだと思います。

ですが、契約するインターネット回線を厳選すれば、お得にそして、格安でちゃんとしたネット回線を利用することができます。

ではどんな回線がオススメなのか…というと、ズバリ「とくとくBB WiMAX」です。

「とくとくBBってなんぞ?」って反応が多いと思いますが、「とくとくBB WiMAX」はGMOグループが運営するWiFIだと思ってください。

GMOは、新垣結衣さんがCMでもおなじみの「GMO証券」などを運営している東証一部上場企業です。そんなGMOグループが運営する「とくとくBB WiMAX」とはどんなものなのでしょうか。

今回はそれを解説していきます。

まずは内容を知りたい人はこちら↓

そもそも「Mobile WiFiルーター」とはどんなもの?

「とくとくBB WiMAX」とは、そもそもは「Mobile WiFiルーター」です。

で、その「Mobile WiFiルーター」ってどんなもんなのかというと、

「Mobile WiFiルーター」は、「持ち運びWiFi」とも呼ばれています。

↓こんな感じのポケットに入る程度のサイズのルーターで、充電して使うので持ち運びができたりするので、外でも使ったりすることもできるWiFIです。

特徴は以下のようなものです。

  1. 設置工事不要
  2. 持ち運びできる
  3. 安い

設置工事が不要

めんどくさい設置工事なくて、WiFi使えるので、とにかく導入がラクです。

設置タイプのインターネットルーターの場合、自宅に工事業者にきてもらう必要があり、非常に手間がかかります。

一方、「Mobile WiFiルーター」は、直接ルーターから無線LANでインターネットが飛ばせるので、すぐにインターネットを利用できます。

持ち運びが可能

「Mobile WiFiルーター」は、スマホの少し大きい版くらいのサイズなので、持ち運びが可能です。

私も外でWiFiを使うことが多いので非常に便利です。他にも、旅行先や出張先、カフェでの時間、引越しする場合も、利用可能です。

安い

モバイルWiFiルーターは、設置タイプに比べて利用料金が安いです。

安いからといって、性能が悪いかというと、そんなことはなく、しっかりとWiFiを利用できます。

GMO とくとくBB WiMAX なら、実質月々3000円で利用可能です。

そもそもWiMAXって?

 WIMAXとはauの回線

CMや家電量販店の店頭で「WiMAX」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。「とくとくBB WiMAX」も、WiMAXという名前がついているので「WiMAX」の回線を使ってます。

WiMAXとは、実はau(KDDIグループ)の回線のことです。WiMAXとは通信規格のことです。難しいので「回線」程度に思ってください。今世の中には通信規格は3つあります。

  • 「LTE」→SoftBank・Docomoの回線
  • 「Axgp」→Y!mobileの回線
  • 「WiMAX」→KDDIグループの回線

WiMAXとは、実はau(KDDIグループ)の回線を使っている「Mobile WiFiルーター」のことで、WiMAXを契約すれば、auの強力な通信回線を使えるってということになります。

一番安いWIMAXプロバイダを選ぼう

そんなauの強力な回線を使えるWiMAXですが、プロバイダ(販売店)がたくさんあります。たくさんあって、どれを選んだらわからないという方も多いと思います。

とにかく1番安いプロバイダを選ぶことが重要です。なぜなら、使っている回線は同じなので、どこで契約しても同じだからです。

「WiMAXプロバイダ」例は以下のようなものがあります。

  • 「UQWiMAX」
  • 「Broad WiMAX」
  • 「GMOとくとくBB WiMAX」
  • 「Biglobe WiMAX」
  • 「So-net WiMAX」

基本的な、速度・つながりやすさ・通信制限などは、どこプロバイダを使っても変わりません。この中で一番安いプロバイダが、GMO とくとくBB WiMAXです。

「GMOとくとくBB WiMAX」の月額料金

キャッシュバックを含めた実質の利用料金

こうやってみると、「Broad WiMAX」というところがもっとも安いプロバイダですが、とくとくBBは、ネット申し込みをされた方限定で、33,100円のキャッシュバックキャンペーンをやっています。

このキャッシュバックを含めた実質の利用料金を加味すると、とくとくBBが最安です。

とくとくBB WIMAXメリット①:契約期間が2年なのでリスクが少ない

「とくとくBB WiMAX」は契約期間が2年間短いことがメリットです。逆に、他のプロバイダはたいてい3年間です。

「2年」と「3年」ではそこまで違わないと思うかもしれませんが、この移り変わりが早いネット業界で3年縛りはかなりキツイです。2年もたてば新しい機種・プランがどんどん登場します。それなのに、3年契約のプロバイダで契約してしまうと、3年間は解約ができなくなってしまいます。(解約はできますが、高額な違約金がかかります)

その点、「とくとくBB WIMAX」は契約期間が2年なので、2年後のタイミングで更新するか、乗り換えるかを選択することもできます。また、同棲生活も変化が多いでしょうから、生活習慣的にWiFiが不要と判断すれば、早い段階で解約することができるのです。

とくとくBB WIMAXメリット②:容量制限なし

このGMOとくとくBB WiMAXは、データ容量の制限がないので、ネットを使い放題になります。安くても十分にネットを利用することができます。

速度も、下り440Mbpsと、高速通信が可能な機種になりますので、ストレスなく、サクサクと利用することができます。

とくとくBB WIMAXメリット③:GMOグループ運営なので安心

とくとくBBWiMAXは、運営会社がGMOインターネットという会社です。この会社は、東証一部上場企業なので、経営的に安定しており安心できます。

とくとくBB WiMAXの注意点

注意点①:キャッシュバックのもらい忘れに注意

GMOとくとくBB WiMAXを契約する際の注意点は、キャッシュバックのもらい忘れに注意するべきという点です。

実際に、利用したけど手続きを忘れて、キャッシュバックの受け取る期限をすぎてしまったという方もいるようです。

キャッシュバックをもらうには手続きが必要だ、ということを忘れないようにしましょう。

注意点②:申し込みはネットしかできない

GMOとくとくBBの申し込みは、ネットで申込にしか対応していいません。

ネット申し込み専用プロバイダにすることで、利用料金を安くしてます。店頭での販売員の人件費がない分、価格を安くできるのでしょう。

注意点③:その他、不明点は公式HPでチェックしよう

その他の疑問点やQ&Aは、公式HPでチェック可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は同棲生活にオススメなインターネット回線を説明してきました。

ネット回線は間違いなく「とくとくBB」がオススメです。

是非、検討してみてください!